勃起力低下 病気

勃起力低下の悩み

 

赤ガウクルア革命王

30代も半ばを越えると、「あれ?そういえば最近朝だちしていないな」ということに気づく人もちらほら出てくるかもしれません。

 

 

ただ、朝だちしなくなることにも気づかずに、いつの間にか、

 

セックスで2回戦ができない

 

セックス中に中折れしてしまう、ペニスが萎えてしまう

 

セックス中に一度萎えてしまうとなかなか勃起しない

 

そもそも彼女や妻でペニスが立たない

 

なんてことが起きて初めて、事態の深刻さに気付く人もいます。

 

 

もしかしたら、それが深刻な問題であるとの認識もなく、「もう用無しだからいいや」と開き直る人もいるかもしれません。

 

 

ただし、勃起しなくなるということが万病の原因であることを理解している人は非常に少ないと思います。

 

ここでは、勃起しなくなることがなぜ万病の元となるのかを解説していきたいと思います。

 

 

勃起力が落ちる原因

 

勃起力が落ちる原因は、

 

加齢による男性ホルモンの分泌量の減少

 

運動不足、基礎代謝の低下、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、これらの複合要因

 

精神的ストレス

 

大きく分けて上記3点に分類されます。

 

上記以外にも、服用している薬の影響や、交通事故などに伴う脊髄の損傷などが影響することもあります。

 

 

上記3つの原因それぞれが他の原因の要因になり、悪いスパイラルに落ちていきます。

 

 

勃起力が落ちるとどうなるか?

 

赤ガウクルア革命王

勃起力が落ちるのは、男性ホルモン分泌量が低下していることを意味しています。

 

男性ホルモンが減少してくると、筋肉量の減少、脂肪量の増加、疲労感の増大、ほてり・発汗、骨量の減少による腰やひざの痛み、めまい・耳鳴り、そして勃起力の低下をはじめとする性機能の低下につながってきます。

 

 

また精神的には、やる気が出ない、焦燥感・不安感、集中力の低下、記憶力の低下、性欲の低下などに繋がります。

 

 

これらがさらに進行していくと、以下のような病気に繋がるのです。

 

 

ED

 

認知症

 

うつ

 

心筋梗塞・脳卒中

 

骨粗鬆症

 

 

ですので、勃起力の低下を勃起力の低下としてとらえるのではなく、その後の数ある病気の前兆である理解し、それらの進行を防ぐ努力をしなくてはなりません。

 

それは、

 

・適度な運動習慣を身につける

 

・規則正しい生活を意識する

 

・睡眠をしっかり取る

 

・暴飲暴食を避け、自分に適した食事の量・栄養をよく考える

 

・ストレスを発散できる環境に身を置く(自分の趣味を持つ、気の置けない友達を持つ、新しいことを始めるなど)

 

 

このような形で、心身のバランスを保つことが大切です。

 

 

とはいうものの、上記のようなことが現実的に可能なのかと言えば、そうではないですよね。

 

そのような方々には赤ガウクルア革命王がおすすめです。

 

 

赤ガウクルア革命王

赤ガウクルア革命王は、勃起薬ではなく、サプリメントです。

 

それゆえ、副作用はなく、勃起に直接働くソフォンが配合されています。

 

ソフォンは男性ホルモンの前駆体であるDHEAを分泌させます。

 

赤ガウクルア革命王の1日当たりのソフォン(赤ガウクルア)配合量は1,000mgですが、これ以上にソフォンを含んでいるサプリメントは日本で販売されていません。

 

 

私はシトルリン革命王とセットで飲みましたが、1ヶ月飲んだだけで勃起力は120%位でペニスが一時的に大きくなりました。

 

本当にペニスを大きくするのであれば1ヶ月だけでは大きさが定着しないので、飲み終わった後に元の大きさに戻ってしまいましたが、

 

3ヶ月、4ヶ月と飲んでいけば、ペニスが巨大化すると思います。

 

 

 

喫煙は勃起力にどのような影響を与えるか?

 

勃起薬と精力剤の違い 〜即効性と危険性

 

勃起力を上げる食材・食品

 

 

 

赤ガウクルア革命王の口コミ トップページへ