シトルリン革命王 赤ガウクルア革命王 違い

シトルリン革命王と赤ガウクルア革命王の違いとは?

 

シトルリン革命王と赤ガウクルア革命王って同じ革命王シリーズで販売していて、一体何がどう違うの?

 

それぞれどのような効果を持っているの?と疑問に思っている人も多いと思います。

 

ここでは、シトルリン革命王と赤ガウクルア革命王を並べて、何がどう違うのか、その効果の違いを書いていきたいと思います。

 

 

シトルリン革命王

赤ガウクルア革命王

画像

citrulline

akagaukurua

全体容量

54.0g

60.0g

メイン成分

L-シトルリン 820mg

赤ガウクルア 1,000mg

配合成分数

20種類

20種類

価格

9,800円

11,901円

 

まさに名前の通りですが、シトルリン革命王には、シトルリンが820mg、赤ガウクルア革命王には、ソフォン(赤ガウクルア)が1,000mg配合されています。

 

 

シトルリンの役割は、体内の血管を押し広げ、血流を改善する効果、ソフォンの役割は、勃起を促すホルモンの仕組みをブロックする酵素の働きを抑制することにあります。

 

 

赤ガウクルア革命王

シトルリンがあることにより、ペニスに流れる血液の量が増え、

 

そしてソフォンがあることにより、ペニスが受け入れることのできる血液の量が増える、

 

と考えると理解しやすくなるかもしれません。

 

 

勃起の指示が脳から出なければ、幾らシトルリンを飲んで血流を改善したとしても、大量の血液がペニスに流れ込むことはありません。

 

 

脳が性的刺激を受け、男性ホルモンを通じてペニスに勃起をするよう命令して初めて勃起するのです。

 

 

男性ホルモンの分泌量は20代半ばまでは増え続けますが、20代半ばをピークに次第にその分泌量は減っていきます。それに伴い、勃起力というものも低下していくのです。

 

 

それはつまり、男性ホルモンの分泌量が減ることにより、ペニスへ脳からの信号が伝わりづらくなるからで、アカガウクルア(ソフォン)を摂取することにより、男性ホルモンの分泌量を増やし、脳からの命令が伝わりやすくなるのです。

 

 

赤ガウクルア革命王

このように、シトルリン革命王と赤ガウクルア革命王は体に及ぼす効果が全く違うので、同じ精力剤だからと言って、どっちか一方を飲めばいいというわけではなく、

 

 

それぞれの体調のステージに応じて、どちらを使うかをよく考えたほうが良いと言いたいところですが、

 

 

男性ホルモンの分泌量の減少と共に、血管が狭まり血流が少なくなっているというのが実情でしょう。

 

 

血管年齢が若い20代のうちは、心理的要因で男性ホルモンが分泌されず勃起現象が起きないということはよくあります。

 

 

そのため、若いうちは赤ガウクルア革命王だけでも十分に勃起力は回復すると思いますが、30代後半を過ぎて、ED、勃起不全、中折れに悩み始めた方は、シトルリン革命王で血流を改善するのと同時に、ソフォンで男性ホルモン分泌力の強化を図ることをオススメします。

 

 

 

赤ガウクルア革命王を通販で買うならココがお得

 

勃起力が落ちるとどうなるか?

 

 

 

赤ガウクルア革命王の口コミ トップページへ